「冷え」はアンチエイジングの大敵
砂糖中毒

「冷え」はアンチエイジングの大敵

冷え性は、末端だけの問題ではなく内臓が冷えてしまうことが一番の問題です。
こうなると、半身浴をやろうがお風呂で温まろうが一時的な改善にしかなりません。
体の冷えは、新陳代謝を下げて細胞の活性化を阻害し成長因子の育成を妨げるので老化へまっしぐらなんです。

<冷えを根本から治す>
冷えの原因は血行不良からやってきます。
血液は心臓を中心にして、ふくらはぎを通り戻っていきます。
現代人は、運動不足と言うよりも「歩かない生活」が長いために血液ポンプの働きが悪くなっているのです。

幾ら血行改善によい成分を摂取しても其を働かせるポンプが動かなければ全身に血液が円滑に回りません。
食事で血行改善も良いのですが「正しい歩き方」でふくらはぎの筋肉を動かして心臓に血液を送り込むようにしなければ冷えの改善はならないのです。
姿勢が悪かったり座りっぱなしの生活は冷えを促進するだけです。

座っていても出来るストレッチはありますし、下半身だけでなく上半身のバランス良く動かすべき。
歩く時間がなかったり、足が冷えて仕方がないときは、ふくらはぎをマッサージするなどして血液循環を良くしておきます。
お風呂の中や、お風呂上がりが効果的ですね。

アンチエイジングのために水分をしっかりとって老廃物を排出しましょう。
内臓が冷えてしまうと胃腸の調子も悪くなり、お通じも滞りますから老廃物が体の中に戻っていきます。
肌のくすみや肩こり、疲労感も増していきますし良質の睡眠も取れなくなります。
冷えない体を作る事はアンチエイジングに重要な意味があります。

お金も時間もそう取らずに冷えを改善するには「歩く」事、食事のバランス、睡眠、加えて軽い全身運動で血行を促す事です。
温めて改善するのは一時的なもの。
体のエネルギーを働かせる事が冷え対策の基本です。
冷えは体の活性酸素を増やし代謝を悪くします。
部分的にアンチエイジング出来ても、体の中から美しくならなければツケは何時かはやってくるものです。

このページの先頭へ